人間失格 - 太宰治

人間失格

By 太宰治

  • Release Date: 1952-06-02
  • Genre: 名作
  • Size: 1005.13 KB
Score: 4.5
4.5
From 2,963 Ratings

Alternative Downloads

Server Link Speed
Mirror [#1] 人間失格.pdf 41,175 KB/Sec
Mirror [#2] 人間失格.pdf 35,355 KB/Sec
Mirror [#3] 人間失格.pdf 34,308 KB/Sec

Description

昭和時代の日本の作家、生于日本青森縣、日本無賴派小說家太宰治。「日语:だざい おさむ、英语:Dazai Osamu、1909年6月19日-1948年6月13日」、本名津島修治(津島 修治/つしま しゅうじ Tsushima Shūji)は底本の「太宰治全集8」では「日本の小説・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」の3つ。初出は「展望」筑摩書房 1948年(昭和23年)6~8月号。

Reviews

  • なんか、感じた

    5
    By メガネの民
    文ストから入った人です。 僕は、まだ中学生だけど、 葉蔵の(?)“道化”にすごくすごく共感しました 僕も色々な場面で“道化”を“演じて”います。 本当にわかりみが深かったです。 また10年したら読み返したいです
  • うん

    1
    By 俵万智まんじ金正日
    問題作。-114514点
  • 人の心と云ふもの

    3
    By ゴデチア
    共感できる部分がたくさんあった わからない部分もたくさんあった もう少し歳を重ねると太宰の気持ちがわかるようになるのだろうか あと10年後にまた読み返してみよう
  • 人間とは(50歳間近で読む)

    4
    By 48歳の感想
    若い頃、文学小説には何も思い入れがなかったのですが、50歳間近になって読むと感じ方が違います。 昨今の世の中に対する俯瞰した視点としても得心するところもあるのですが、そればかりではない人間の普遍性として勉強になります。 それでも、人は愛すべきか、忌避すべきか。 それは、人それぞれだと思いますが、経験出来ない事を読み物として疑似体験出来たのは人生のプラスだと思います。
  • 好き

    5
    By かさなはかさなはかさなは
    自分と同じ感覚を太宰さんが持っていたことに嬉しさが込み上げた.
  • むzかあいいしい

    1
    By ああああcあyxふぃjxshzywああbh
    あああ
  • 今の私の感想は"苦しい"

    5
    By 紺九
    自分自身の人生と照らし合わせてしまい、葉蔵の幼いころから今までの選択肢を人に投げ、道化に徹して生きる姿は見ていて苦しかった。それでも遠くで誰かが「神様のように優しい子だった」そんな風にいってくれるなら、自分も明日を生きていけるかもしれないなぁと感じた。酒に溺れるのも人にすがるのも、気づけば自分を搾取されてるのも、思い当たって胸を痛めるひとが、この作品を笑えないひとがいると思う。そこまで引き込み、苦しめてくれた作者と、作品の出逢いには心からの感謝を述べたい。
  • 人間失格

    5
    By く そ ぶ た
    よい
  • 自己肯定感

    5
    By サクランボ茶道
    自己肯定感が低い私は共感するばかりで最後には絶望しました。しかし、外部に頼らず自分を評価するものさしを持てば主人公のようにならないかと思い希望書のように思えました。神様のような子だったと最後に書くあたり、筆者の人望への願いが書かれてるようで泣きました。
  • 太宰に魅せられました

    5
    By 虹2018
    人間失格を初めて読んだのは確か高校生の頃でした。 その次に読んだのは20代の終わり頃だったようにおもいます。 そして3度目が60過ぎた今、、、まさか電子書籍で読むことなど想像だにしていなかった 内容初めて読んだ思いです。このような衝撃的な内容だったとは。 太宰の小説片っ端から読みたくなりました。

keyboard_arrow_up